立ち読みコーナー
目次
320ページ
したたかな蜜月計画 ~嘘つき公爵と頑なな王女~
143ページ~
「気持ちいいか?」
尋ねながら、レオンがブランシュの耳たぶを舐め、小さな穴に舌を入れた。
レオンの吐息が肌をくすぐり、ブランシュが肩を竦める。
「んっ。……くすぐったい……わ…………」
「そうか。では……」
レオンがペティコートを脱がせようとしたので、仕方なしにブランシュが寝台に膝をつき、四つん這いの姿勢を取った。
ペティコートが脱がされ、素肌が空気に晒される。レオンはブランシュの胴に腕を回すと、そのまま尻のすぐ上にある、小さなくぼみに唇で触れた。
「んっ。……っ」
そこは、ブランシュの性感帯のひとつであった。
胸でも性器でもないのに、そこを舐められ吸われると、ブランシュはたまらなくなる。
子宮が疼くとでも言うのだろうか。こみ上げる快感は、身を捩るほどに強い。
「あっ。あ、あぁ……っ」
下腹部からこみ上げた何かが、喉元に到達し、声となって吹き出す。
ブランシュの手が、無意識にシーツを掴む。
レオンは舌でくぼみに円を描き、吸い上げ、指ではブランシュの太腿を羽毛で撫でるかのような軽いタッチで撫でた。
「あ……。んっ、んん……っ」
ブランシュがあえぎながら背中をのけぞらせた。
「これは、感じただろう?」
くぼみから唇を離し、レオンが尋ねる。とはいえ、ブランシュにはまだ羞恥心が残っていて、「感じる」と正直に答えるのは、恥ずかしかった。
いや、そんなことを答えたら、レオンにはしたない女だと思われそうで、それを想像するだけで全身が熱くなるのだ。
ブランシュが黙っていると、レオンが股間に手をやった。
柔らかな肉の花びらに指で触れ、割れ目をなぞる。
「おまえのここは、もう濡れているぞ?」
あけすけな言葉に、ブランシュの体が羞恥で薄紅に染まった。
「そういうことは、おっしゃらないで」
「恥ずかしいのか?では……」
楽しげな声がしたかと思うと、ブランシュの体がひっくり返され、あおむけになる。
「きゃっ! ……あっ!!」
乱暴な振る舞いに声をあげたブランシュであったが、次にレオンに股を大きく開かれて、息を呑んだ。
今まで、何度もそこを舐められた。だから、見られるのは初めてではないが、それでもそこをあらわにされるのは、たまらなく恥ずかしい。
「やめてください……!」
震える声で訴えてみたものの、レオンはアルファベットのMの字のようになるよう、ブランシュの太腿を押さえた。
「……っ」
ブランシュは両手で顔を覆い、上半身を捩った。そうやって視界を覆い隠しても、レオンの視線が女の部分に注がれているのを感じてしまう。
ぷっくりと膨らみ、充血した粒。それに続く二枚貝のような柔肉、その奥に息づく蜜壺へとレオンの視線が移動する。
どうしましょう。見られているだけなのに、まるで触られているように感じてしまう。
そしてレオンは、視姦するだけで満足する男ではなく、見たものをそのまま口にした。
「すごいな。見ているだけで、どんどんおまえのここは濡れてくるぞ。おまけにひくひくと動き出した。……見られて俺が欲しくなったか?体の方は、素直でかわいいものだ」
「……やめてください。もう、やめて。そんな風に、私をいじめないでください」
涙混じりの声で訴えると、レオンがお喋りをやめた。
そして、ブランシュの足首を握ったまま、口を開く。
「やめてもいいが、そのかわり、おまえは何をする?」
「……何を?何をすればいいのですか?」
突然の取引に、ブランシュがとまどいながら問い返す。
「そうだな……。一度、おまえに俺を、気持ち良くしてもらいたい」