立ち読みコーナー
目次
336ページ
征服者の花嫁     5
あとがき       332
37ページ~
 異様な感覚に、エーディンが内股を擦り合わせると、ソルステインの動きが止まった。
「どうした?  ……その様子だと、濡れてきたか?」
 ひとりごちるように言うと、ソルステインはエーディンから体を退けた。
 そうして、エーディンの左足首を摑むと、そのまま無造作に持ち上げる。
 当然、エーディンの股が大きく開かれることになり、男の無遠慮な視線が、湿りはじめた花弁に向かった。
 慌ててエーディンがそこを隠そうと右手を伸ばしたが、その手はソルステインの左手によって払いのけられてしまった。
「っ……」
 こんな形の拒絶を受けることは初めてで、エーディンは驚きに硬直してしまう。
 目を見開き、驚愕するエーディンの足を、ソルステインはそのまま肩にかけた。
 エーディンの腰が浮くと、ソルステインは強引に白い体を引き寄せた。ソルステインはあぐらをかき、左脇にエーディンの右足を抱え、より広く股を開かせた。
 嫌……。こんなの、嫌……。
 衝撃と羞恥に、エーディンの気力は完全に削がれていた。
 心の中で力なくつぶやく間もソルステインは秘部を凝視し、そして、唇の端を持ち上げた。
「もうちょっと濡れたら、十分イけるか。……さすがに、このまま突っ込んだら、聖巫女様が可哀想だ」
 そう嘯くと、ソルステインはエーディンの右足をも左肩に載せ、完全に下肢が宙に浮く体勢を取らせると、あろうことか股間に顔を近づけていった。
「……っ!!」
 熱い息が内股に吹きかかり、エーディンが息を呑んだ。
 ソルステインが太股に顔を寄せた。いったんそこに口づけをし、強く吸い上げ、白い肌に朱を散らせてから、舌を突き出して花弁に隠れた陰核をつついた。
「——んぁっ!」
 シーツの上で、エーディンの体が魚のように跳ねる。
 湿った肉。それが触れただけで、今までとは比べものにならないほどの快感がエーディンに訪れた。
 思わず目を閉じると、目尻から涙が一筋、雫となってこめかみを伝う。
 エーディンに余韻に浸る暇は与えられなかった。ソルステインが、赤く染まりはじめた粒を舐め上げたからだ。
「んっ。んんっ」
 まぶたを閉じながら、エーディンが首を左右に振った。
 こんな……こんな。あぁ、私……っ。
 敏感な部分を、先ほどの乳首同様に、ソルステインが執拗に責めはじめた。
 繰り返し舐められて、小さな肉の芽は、膨らみ固くなっている。感じることを知った体は、性感帯への刺激に、蜜壺を愛液で湿らせてゆく。
「あっ。あぁ……あ。ん……っ」
 生じた快感に、体を熱くなる。肌が火照り、息があがってゆく。
 ソルステインが突起に軽く歯を当てただけで、エーディンの背がのけぞった。豊かな胸を突き出しながら、せわしなく呼吸をし、腰を捩る。
「やぁ……、あっ、あっ」
 与えられた快感に耐えかね、エーディンの下肢がつっぱり、ソルステインの顔を太股でぎゅっと挟んだ。
 熱い息が股間に吹きかかる。その感触にさえ、肉筒から粘膜が溢れた。